笑顔になる〜人生晴れたり曇ったり!

2007年にがんサバイバーとなりました。笑顔である事の大切さ、難しさを実感。いきている事の素晴らしさと喜びを多くの人に伝えたい。そんな ブログです。

私の梅雨時。

f:id:ninjinpia:20170621223305j:image

 

梅雨入り宣言があったというのに晴れの日続きで

からっからでしたが

ようやく梅雨らしい雨模様。

 

シトシト降る雨は、決して嫌いではなく

窓から眺める景色も

どちらかというと好きなのですが。

 

どうもこの時期がカラダには合わないらしい…。

思い返せば、毎年この時期になんかしらの体調不良を起こしてる。

 

そして

その体調不良は

忘れずに

今年もやって来た!

 

おおよそ2週間!

スッキリしない、というよりも、明らかなる体調不良(笑)

 

こんな時はメンタルもダウン。

あ、もしかして…などと良からぬ事を考えたり

1人で重病説を妄想してしまうのだ。

 

しかし、そんな体調不良も乗り越えてしまえば

なんてこともなく

むしろ以前よりも快調な気すら感じるのである。

 

あぁ、そうなのか!

 

これが   “病は気から”   ということなのかも!

 

 

 

 

勇気をもらえる1冊。

3月に上京して受講したOCTセミナー。

受講者の選考では、地域や罹患部位などが重ならないように配慮されていたようで

私の居住地近くの方よりも、遠い地域の方のほうが多かった気がする。

その中でも、もっとも遠い方ではないのかなぁ、彼女が。

当日はぎっしりのスケジュールで、全員の方とお話するのは難しく。

彼女とも会場ではお話を出来ず。

後日、繋がったFBで活動を知りました。

 

私自身はまだまだ模索中だったり、もっと深く学びたいところもあったりするのだけれど。

迷いながら、それでも心を決めて前に進む同期を誇らしく眩しく、かっこいいなぁ。

 

先日購入した1冊。彼女の“がん体験記”も収録されています。

100人の患者がいれば100の闘病がある。

そして、今も多くの方々が悩んでおられる。だけれども、1人ではない。

 

勇気をもらえる1冊です。

 

『北海道で

がんとともに生きる』(寿郎社)

 

f:id:ninjinpia:20170529132236j:image

歯科医院に通って…考えたこと。

f:id:ninjinpia:20170522133800j:image

我が家にも春到来!と思ったけれど…気温は夏!

暑いっ!なんてこった(笑)な気分です。

 

数ヶ月1度、歯科医院へ通っています。

私には、見えませんが…「ムシ歯有り」ということで治療中です。

 

「今日は麻酔を使いますね」始まった治療。

痛くはないけど、やっぱり怖いんだよね。見えないし音もなんだか痛い気がする。

それでも、思いの外スッと終わって

「今日はこれでいいですよ」

 

「あ、麻酔が4,5時間は効いてますから、気をつけてくださいね」

 

効いてるなんてものではないのです。

顔の左半分下側が違和感!うがいもお水が溢れちゃう。

ということで、お食事も麻酔がきれるまで我慢かしら。

 

ほんのすこしのことなのだけどものすごく困るんですね。

きっと見た目にはわからないんだけど。

 

こんな風に困ること、その立場にならなきゃわからないことですね。

 

もっと優しい広い気持ちで過ごしたいなぁ〜。

 

「がん患者は働かなくていい」なんて事を言ったりすることがなくなるといいなぁ〜!

11年目のオツキアイ

11年目のオツキアイ。

1年に1度の検診と3ヶ月に1度の受診。

 

後悔することはないけれど

残念に思う日もあったかな。

今は、

それでも、それなりに

楽しく頑張れる事が有り難く嬉しい。

 

早く終わったので

少しまわり道して

美観地区でぶらーりお花見。

f:id:ninjinpia:20170407140144j:image

 

また来年も

お花見して帰ろう!

 

OCTサバイバー・スピーキング・セミナー

f:id:ninjinpia:20170328082430p:image

長く更新が空いてしまった(゚o゚;;

 

まぁ、これもわたしのペースなのだ。

 

さて

 

先日参加した『がんサバイバー・スピーキング・セミナー』

およそ3倍の倍率で選考していただいたと聞いて少々驚き。

地方に住んでいる身としてはなかなか上京も簡単ではない。

それでも、今回はGo!なのだった。

 

30名の参加の方々、皆さんそれぞれ患者歴も違えば、年齢、性別も様々。

サバイバーとしての活動をされている方、職業を活かして活動をされている方、

これから始まる方、模索中の方、プランをいくつもお持ちの方などなど…

講演をくださるかたがたの、それぞれの方面での活動のお話などをたくさん聞かせていただいた。

アツくて濃い1日。

そして自分自身を見つめる時間ともなり、一気にワークの時間に!

瞬く間に1日が終わってしまった。

 

それではこれから私はどうするのか。

私らしくゆっくり進んでいければいいのかな、私らしく何か出来ることを。

そんなことを考えながら

振り返っています。

f:id:ninjinpia:20170328090814j:image

 

 

 

バレンタインも終わって。

子ども達も大きくなってくると、バレンタインデーも普通の日と変わりない。

 

とはいえ、主人には、

ナンチャッテチョコケーキを焼く。

なんで、ナンチャッテなのか。ほら、簡単に混ぜるだけで!っていう…(笑)。

これがまた結構美味しく焼けたりする。

f:id:ninjinpia:20170217222022j:image

 

そして

1度では食べきれず。翌日も1人ティータイムを楽しんだりして。

 

そんな時に目にした気になる記事…

http://www.asahi.com/articles/ASK2H724VK2HUBQU01R.html#

 

日々がんに立ち向かってくださっている先生がたに感謝しています。

梅の花。

立春

 

まだまだ寒い日が続いてるけど、ちゃんと春が近づいているんですね。

 

 

日の出が早くなってきたり。小さな梅の花も開き始めました。

大きな木ではないのですが、毎年咲くのを楽しみにしています。

 

この梅の花をみるとおもいだす会話があります。

 

彼女とは、幼稚園時代からのお友だち、所謂幼馴染み。

小学・中学・高校まで同じ学校。ピアノ教室や塾も同じ。

なんだけど、タイプは正反対。彼女は社交的で男女合わせて友だちも多くて。

私は、というとちょっぴり頑固で生真面目。

デコボコ具合がぴったり合うのか、長く付き合えました。

大学・就職・結婚と離ればなれだったけどお誕生日には必ず一緒に。

 

こんな偶然があるのか。そういう運命なのか。

同じ時期に2人ともがんに罹った。

驚いたけど、これほど心強い思いを持った事はなかったかもしれない。

一緒に頑張って。一緒に泣いて。一緒に笑って。…いたんだけど。

なかなか彼女は体調が良くならない事が多くなってきた。

 

「うちの庭の梅の木、可愛い花が咲くよ。」

「今度、見に行っていい?」

「ウンウン。来てね」

 

実現できなかった約束。青空を見上げると、胸の奥がキュンと泣きそうになる。

きっと見てくれてるよね。

 

 

f:id:ninjinpia:20170206120846j:image